忍者ブログ


ロンドンのテロ
CATEGORY : [ロンドン情報] 2017/06/08 05 : 35
.
.
報道等でご承知のことと思いますが、ここしばらくの間に、似たような2件のテロ行為が、ロンドンで起こってしまいました。現地の雰囲気へのご質問も多いですので、簡単なコメントです。

ロンドンは至って普通です。住んでいる我々の日常は全く変わらず、私達も皆さんと同じくニュースで情報を得ています。空港も通常通りで、以前に増して時間が掛かったりもしていません。

もちろん無責任なことは申せませんし、気をつけるに越したことはございませんが、今日も街は賑わっていて、弊社の全ハウスのご滞在者も、普通に生活なされておりますことをお伝えします。

※読売新聞社から取材を受けました際も、現地の生の声として、このようにお返事しました。


それにしても、IS問題にしろ、北朝鮮問題にしろ、問題の根が深くてなかなか解決の兆しが見えませんね。子供たちが生きていく将来が、物騒な世界で無いことを願ってやみません。









.
PR


Night Tube 最新情報
CATEGORY : [ロンドン情報] 2016/11/27 01 : 33
皆様こんにちは。

これまで週末(金曜日、土曜日)に24時間運行されているロンドン地下鉄の路線はヴィクトリア線、セントラル線、ジュビリー線となっていましたが遂に11月18日(金)、新たにノーザン線チャリング・クロス経由の24時間運行がスタートしました。

私ども《ロンドン・アップルハウス》では、

■ノーザン線沿い: 
カムデンハウス(Chalk Farm駅 徒歩2分)、カムデンSTUDIO(Camden Town駅 徒歩7分/Mornington Crecent駅 徒歩9分)の2宿

■ジュビリー線沿い: 
スイスコテージハウス(Swiss Cottage 駅 徒歩0分)

■セントラル線沿い: 
アップルハウス(West Acton駅 徒歩7分)、ウエストアクトンハウス(West Acton駅 徒歩2分)、ウエストアクトンSTUDIO(West Acton駅 徒歩2分)、ノースアクトンフィールドSTUDIO(West Acton駅 徒歩9分) の4宿

がございます。


ますます便利になっていくロンドンへ、充実した滞在のできる《ロンドン・アップルハウス》へ皆様ぜひお越しください!


詳しくは、Night Tube
https://tfl.gov.uk/campaign/tube-improvements/what-we-are-doing/night-tube







ヒースロー空港での入国審査
CATEGORY : [ロンドン情報] 2016/11/16 20 : 28
今回は、ヒースロー空港の入国審査についてです。

利用する便の到着時間にも依りますが、ここ数ヶ月ほど入国審査にかかる時間が長くなっているようです。特に、日本からのお客様がよく使われるJALやANAが到着する午後2時半から午後3時半頃(冬時間)は、だいたい1時間は待たされます。

実は私も数日前に日本からイギリスに戻ったのですが、この時もたっぷり1時間以上待たされました。以前は同じ便を利用しても、早いときは30分ほどでしたが、今年の6月後半から待ち時間が長くなっているようです。

今年6月後半にあった出来事といえば、イギリスの国民投票による「EU離脱」。その結果が、入国審査にかかる時間にどう影響しているかは定かではありませんが、この時期を境に長くなったと言われています。入国する人の数が増えたのか、それとも1人の入国審査にかける時間が長くなったのか、真相は謎です。


しかし、この入国審査を短くできる方法があります!

イギリスの主要空港では、限られた国籍の人にのみ(日本を含む)、マイクロチップ内臓のパスポートを機械でスキャンするだけで入国審査を完了することが出来ます。これには、事前登録や登録料(70ポンド)、その他幾つかの条件を満たす必要があるのですが、出張などで年に何度もイギリスを訪れるという方にはおすすめです。

詳しくはこちらのリンクを参照ください。(英語のみ)https://www.gov.uk/registered-traveller

バレエ鑑賞で芸術の秋
CATEGORY : [ロンドン情報] 2016/10/16 03 : 53
イギリスでは、今年も9月下旬よりバレエシーズンが始まりました。



しかし、バレエ鑑賞と言うと、ちょっと敷居が高く感じませんか?由緒ある会場は、着飾った紳士淑女であふれ、良い席は100ポンド…ですが、じつはお値打ちなチケットもあります。一番安いものだと10ポンド程度!立ち見ですが、場所によっては真正面から舞台を見ることが出来ますし、この値段で世界最高峰の芸術に触れられるのは本当にお得です。ただ、人気の演目や人気ダンサーが登場する日は、立ち見席チケットも競争が激しくなります。

また、日本人のダンサーたちも頑張っています!実際の舞台でも彼らの活躍を観ることが出来ますし、各バレエ学校には、将来看板を背負って立つべくたくさんの日本の若い才能たちが頑張っています。

しっかりと着飾って、併設のレストランで食事をして優雅なバレエ鑑賞も素敵ですが、お値打ちな立ち見オプションで、もっと気軽に本格的な芸術の秋を楽しんでみてはいかがでしょうか!


*画像はこちらより
http://www.roh.org.uk/productions/la-fille-mal-gardee-by-frederick-ashton

小劇場での観劇
CATEGORY : [ロンドン情報] 2016/10/03 21 : 03


ロンドンでエンターテイメントというと、ウェストエンドのミュージカルや、グローブ座のシェイクスピア劇を思い浮かべる人が多いかと思います。しかし、それだけではありません。実はロンドンには無数の小劇場が存在し、かなりお安く観劇を楽しめます。

大抵は小さな劇場のため、俳優たちとの距離が近く目の前でドラマが繰り広げられるのも魅力です。また、テレビや映画で活躍している俳優たちもこぞって舞台に立っています。
ここ数年のイギリス人俳優の台頭はめざましく、アメリカ映画でもアメリカ人役をイギリス人俳優が演じていることも珍しくありません。小劇場では、イギリス人俳優たちの演技力の高さを身近で存分に味わうことが出来ます。

舞台は毎週新しいものが発表され、ガーディアン紙からTime Outまで様々な新聞が批評を掲載しているので、それらを参考にして選ぶのもいいかもしれません。また、12月からはクリスマスシーズンに向けて「クリスマスプレイ」と呼ばれる演目が行われます。クリスマスプレイは、子供も一緒に楽しめるような演目が多く、英語が苦手…という方にもハードルが低いかもしれません。

特に今年は、演目のレベルの高さで評判のSouthwark Playhouseのクリスマスプレイは映画でおなじみの『魔女の宅急便』の舞台です!前評判が良いので、興味のある方はお早めにチケットの手配を。


一般的なチケットの値段 12ポンド~20ポンドくらい

批評家に評判のいい劇場
Southwark Playhouse http://southwarkplayhouse.co.uk/
Theatre503 https://theatre503.com/

| HOME |次のページ>>

忍者ブログ[PR]